株式会社TMCのTMC就労系障害福祉専門 経営再生・M&Aマッチングサービス

株式会社TMCは障がい者福祉施設の経営を1からサポートします。

株式会社TMC
お問い合わせはこちら
028-689-8075株式会社TMC

トップ > 福祉施設コンサルタント > 経営再生・M&A

経営再生・M&A

TMC就労系障害福祉専門
経営再生・M&Aマッチングサービス

TMCが考えるM&Aの意味

TMCが考えるM&Aの意味

TMCが考えるM&Aの意味

M&Aとは「Mergers (合併) andAcquisitions (買収)」を略した言葉です。

2つ以上の企業が1つになったり、企業が他の企業を買ったりすることです。その中でも我々が考えるM&Aとは現状及び将来を見据えた就労系障がい福祉施設と今後障がい福祉分野への進出を考える企業向けに特化したご提案をすることを考えております。


就労系障がい福祉施設サイドの考え方

就労系障がい福祉施設サイドの考え方

就労系障がい福祉施設サイドの考え方(譲渡側)

当社が考えるM&Aは譲渡する障がい福祉施設・福祉業界に参入しようとする譲受企業をそれぞれの目的に合わせてマッチングすることで大きなメリットをもたらすと考えております。

障がい福祉施設が抱える経営上の問題、特に就労系の施設は今までのようなボランティア感覚の経営では将来的な不安に直面しており、従来にはなかった最低限のビジネス的感覚が必要不可欠となってきております。

今後変化する法律に直結する経営的問題や後継者問題はもちろんのこと、何よりも施設利用者を無視することなく将来も見据えた判断を模索しなければならないときが来るかもしれません。

そんなとき業界に新規参入を目的とする企業とのタイミングが合致しマッチングが成功すればお互いがWIN-WINな状況を作り上げるためにも相乗効果が見込めるかもしれません。

しかし、チャンスは勝手にやってくるわけではありません。想定をすることと準備が必要です。明るい未来の方向性を見いだすためにもまずはお気軽にご相談下さい。


就労系障がい福祉業界への参入サイドの考え方

就労系障がい福祉業界への参入サイドの考え方

就労系障がい福祉業界への参入サイドの考え方(譲受側)

当社は設立以来、新規許認可取得とその後の職員研修や施設経営に係わる実務までをトータルにサポートしてきた実績が有ります。

昨今では各界の企業から相談や依頼が急増しており、県内外を問わず対応させていただいております。企業が就労系障がい福祉業界への参入の目的は、障がい者最低雇用率の問題に直結することが多く、ハローワークや求人広告などからの障害者雇用では定着させることが困難なことから"就労継続支援A型"施設や"就労継続支援B型"施設の新設を行い、企業本体で行っている作業を施設に発注し、各自が抱えている障がいの特性や病状の把握しながら勤務態度や作業効率を適正化した後、企業本体への雇用に結びつけることで今後の法律改定による雇用率の上昇にも耐えうるシステムを構築することにあります。

新設からではマーケティングや行政諸官庁との打ち合わせ、さらには職員の確保、利用者募集と時間がかかる上に採算面においても不確定事項が多岐にわたります。M&Aでは許認可申請期間や職員確保、利用者募集期間も短縮できることから最近では問い合わせや新規許認可取得の打ち合わせの際にも要望が増えてきております。

M&A後の施設運営に関するコンサルティングもトータル的にサポート致します。タイミングが大事ですのでお気軽にお問い合わせくださいますようお願い致します。

サイド


スタッフ

株式会社TMCへのお問い合わせ

障がい者福祉施設の経営にあたり、色々と不安な点やご不明な点などあるかと思います。些細な点でもお気軽にお問い合わせ下さいませ。

メールでのお問い合わせ

24時間受付中です。いつでもお問い合わせ下さい。

メールでのお問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

お急ぎの方はお電話にてお問い合わせ下さい。

TEL.028-689-8075

PAGE TOP